学割の利く脱毛サロン


学割の利く脱毛サロン

学割の利く脱毛サロン

女の本音と就職活動

女性にとってムダ毛の処理は身たしなみの一つであり、もし私が出来ていなければとても恥ずかしい気持ちになります。 大学生4年で就職活動に勤しんでいる私にとっては、履歴書の書き方や面接対策、あるいはSPI試験対策に気を取られ寝ても覚めても就職活動関連の事で頭が一杯で、女性である自分の身たしなみを意識する処ではありませんでした。 しかし女性である自分を忘れるのは就職活動に良くない事であると考えていて、ムダ毛処理の事も頭の片隅にはありました。

相部屋の女子寮でムダ毛処理をしたいけれど

私は実家は博多で大学は東京にあるという事から、毎日電車で通うという事は事実上不可能です。 したがって一部屋2人ですが、学校の側にアパートやマンションを借りるよりも遥かに割安で済みますし、治安の面でも警備員がいるので安心感があるので、この学生寮を選びました。 しかし事実上の共同生活状態に置かれるので、幾ら相手が女性で仲が良くても部屋や学生寮の浴場でやるのは恥ずかしいので、必然的にトイレの個室でやらざるを得ません。

自分で行えるムダ毛処理の限界

自分の目で見える部分のムダ毛処理であれば、クリームやテープ等を使用して何とか出来ますが、背中等見えない部分のムダ毛を処理するのは非常に困難ですから、その部分の脱毛は出来ていないのです。 またクリームやテープ等を使ってムダ毛を処理する方法は肌が弱い人や敏感肌等の場合は刺激が強すぎて腫れ上がったり、傷になってしまう可能性もあるという事はファッション雑誌の記事で見掛けた事があるので、躊躇していました。

学割が利く脱毛サロン

全身脱毛サロンの存在は知っていましたが、学生の分際で支払うのは困難であると思っていました。 しかし自分のいる学部の友人達との女子会で、恋愛や就職活動の話等で盛り上がっていましたが、いつの間にかムダ毛処理の話題になり、私は皆はどうしているのかを聞いてみたのです。 するとほとんど全員が学割を使用出来る、脱毛エステに通っているというのです。 私は初耳だったので詳しく聞いてみるとエステにいく時に学生証を持参して、受付で提示すれば良いだけであるのでと聞き、ネットで調べてみると学割が利く所が沢山ある事に驚きと共に、嬉しさが込み上げてきました。

はじめての脱毛サロン

早速脱毛サロンに行き受付で学生証を提示し、専門スタッフのカウンセリングを受け、学生なので高額は払えないので自分でムダ毛処理をしていた事や、この様な所に来るのは初めてである事等を専門スタッフに伝えました。 すると、専門スタッフは人間の身体の毛が生える仕組みや周期、あるいは脱毛は1回では終わらず一定の期間を経て、複数回施術しなければならない事等の説明を受けたのです。 私は視界に入らない背中等を中心に行って欲しい旨を専門スタッフに伝え、カウンセリングが終わると施術が開始されました。 ここのエステではレーザーを使用しているのですが、痛みもほとんど無くあっという間に終わり入店してから30分弱程度で終わり、大変満足しています。